帰れない理由が次々 両親が仙台で第二の人生を始めた顛末

公開日: 更新日:

 天才卓球少年の両親もまた、中国四川省チームの男女のエースだった。

 国外で研鑽を積んでいた父・宇さんが仙台ジュニアのコーチに就任したのが1998年。

 その直後にマレーシア代表のコーチだった凌さんが、第14回アジア卓球選手権大阪大会で来日し、宇さんの働く仙台まで足を延ばした。

「仙台に着いてすぐ、いい町! と思いました。四川省の故郷に似ていたし、住みやすそうだった。中国では結婚の年齢はそれほど気にしませんが、そろそろ落ち着く頃でした。彼には仙台で安定して欲しかった」

 宇さんも同じ思いだった。

「私たちは10年間、超遠距離恋愛でしたからね……。彼女が仙台を凄く気に入ったようだったので、決心してプロポーズしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る