四川省と仙台の自宅を売り払って立ち上げた「張本卓球場」

公開日: 更新日:

「これは覚悟の卓球場です」

 16年に息子とともに東京に移った宇さんは、その年の8月、仙台市宮城野区の自衛隊倉庫跡に、自らがオーナーとなる「張本卓球場」を立ち上げた。

 約200平方メートルのフロアには6台の卓球台が並び、柱がない特殊構造が自慢だ。天井は高く、王子サーブもロビングも問題ない。

 この上京直前、諸事情で仙台ジュニアクラブの練習場が使えなくなってしまい、新たな拠点が必要となった。宮城県卓球協会の小野隆副会長が低家賃の卓球場を探してくれたため急場をしのげたが、その間に、四川省の家も仙台の家も売り払って資金を調達。新品の卓球台はメーカーに寄贈してもらった。開場式には張本はもちろん、クラブOGの福原愛も駆けつけた。

「私の夢は、仙台を卓球王国にすることなんです。私はこの卓球場でたくさん強い選手を育てて、オリンピックに送り出すんです。子供たちを見ていると、それはきっとできるようになると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る