• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

四川省と仙台の自宅を売り払って立ち上げた「張本卓球場」

「これは覚悟の卓球場です」

 16年に息子とともに東京に移った宇さんは、その年の8月、仙台市宮城野区の自衛隊倉庫跡に、自らがオーナーとなる「張本卓球場」を立ち上げた。

 約200平方メートルのフロアには6台の卓球台が並び、柱がない特殊構造が自慢だ。天井は高く、王子サーブもロビングも問題ない。

 この上京直前、諸事情で仙台ジュニアクラブの練習場が使えなくなってしまい、新たな拠点が必要となった。宮城県卓球協会の小野隆副会長が低家賃の卓球場を探してくれたため急場をしのげたが、その間に、四川省の家も仙台の家も売り払って資金を調達。新品の卓球台はメーカーに寄贈してもらった。開場式には張本はもちろん、クラブOGの福原愛も駆けつけた。

「私の夢は、仙台を卓球王国にすることなんです。私はこの卓球場でたくさん強い選手を育てて、オリンピックに送り出すんです。子供たちを見ていると、それはきっとできるようになると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る