8大会連続のW杯出場決定 なでしこの本当の勝負はこれから

公開日:  更新日:

 なでしこジャパン(世界ランク11位)の8大会連続のW杯出場が決まった。13日のオーストラリア(同6位)戦は1―1のドロー決着だったが、グループB組2位を確保して2019年W杯フランス大会行きの切符を手にしたのだ。

 殊勲者は、後半18分に先制点を決めたMF阪口夢穂だ。

 MF長谷川が左サイドを突破。マイナス方向に折り返したボールを待ち構えた阪口が左足でダイレクトシュート。相手GKと左ゴールポストとの間の狭いスペースを狙いすました絶妙なシュートだった。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう話す。

「格上相手との試合で、ほしくてたまらない先制点のチャンスに動じることなく、見事なゴールでした。なでしこは、W杯で優勝を狙うグループにはいませんが、大舞台の20年東京五輪を見据えつつ、今後も徹底強化していってほしい」

 本当の勝負はこれからなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る