大逆転&日本人最速V 小平は「マスターズ戻る」公約実現

公開日: 更新日:

【RBCヘリテージ 最終日】

 まさかの大逆転で大きな夢を実現した。

 RBCヘリテージ最終日の小平智(28)は首位に6打差の12位からスタート。7バーディー、2ボギーの66と爆発。通算12アンダーで並んだキム・シウ(韓国)とのプレーオフを制した。日本人の米ツアー優勝は、青木功、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹に続く5人目となった。

 18番(472ヤード・パー4)で行われたプレーオフ。2ホールはともにパーで迎えた3ホール目の17番(174ヤード・パー3)。キムが7Iでピンの左手前5メートルにつける。小平は8Iでピン左7メートルへ乗せ、先に打ったバーディーパットがカップに吸い込まれた瞬間、右手でガッツポーズ。キムのパットが外れると、日本人5人目となる米ツアー優勝が決まった。

「首位とは6打差もあったので、トップ10に入って来週の試合(テキサスOP)に出たいと思っていた。最後のパットは緊張した。思った所へ打とうと集中した。先週(のマスターズ)から調子がよかった。ドライバーでリズムをつくるタイプなので、今週はそれがうまくいった。優勝したので今後はいろいろな試合に出られる。スケジュールを組み立ててやっていきたい」(小平)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る