ノーマークDeNA京山の活躍で関西担当が背中を丸めてた

公開日: 更新日:

 能力があるのになぜ、ウチは評価しなかったのかと、オレたち担当スカウトが上層部から強烈な皮肉を浴びせられることになる。

 それでいてウチが上位指名しながら鳴かず飛ばずの選手に関しては、会議で俎上に載せることすらしない。例えば、パソコンおたくのエラいさんが自信満々で獲得したスラッガーなんてヒドいものさ。甲子園で残した数字は秀逸、出塁率や長打率はバツグンだったものの、2年たっても3年たっても体力不足。おまけに練習嫌いときてるから絶望的だ。それでも、最終的に決断して獲得にゴーサインを出したのは上層部だから、会議で話題にしようものなら自分たちに責任が降りかかる。それを避けているとしか思えないんだ。

「選手を結果や数字だけで判断するな。いいと思った選手がいれば、マメに足を運んで野球への取り組み方や性格までチェックしろ。試合前のウオーミングアップやベンチ内での様子などに必ずヒントはあるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る