63年ぶり20得点 巨人の歴史的大勝に見えた“首脳陣のスキ”

公開日:  更新日:

 スポーツ紙いわく、歴史的大勝だそうである。

 巨人打線が17安打20得点と中日投手陣を粉砕した25日の試合。巨人の1試合20得点は1955年以来、実に63年ぶり10度目のことだと過去の記録をひっくり返して大騒ぎし、5連勝で5割に復帰した巨人の“快進撃”をあおっている。

 巨人OBの評論家、中村稔氏がこう言う。

「巨人打線の破壊力を見せつけたというより、とにかく中日の投手陣がひどかった。11四死球も与えたんじゃ勝負になりません。あまりに一方的な試合展開で見逃されがちですが、気になったのは高橋監督の用兵です。この日、4打数3安打4打点と爆発した3番のゲレーロを五回の打席が終わるとベンチに下げた。お役御免で休養を与えたということでしょうが、昨年の本塁打王は当然、2年連続のタイトル獲得がモチベーションのひとつになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る