17年ドラフトで損した球団は…“流しのブルペン捕手”診断

公開日: 更新日:

 今年のドラフトで最も得した球団は、オリックスでしょう。能力が高い即戦力と、将来性のある選手を、バランスよく指名した印象です。

 1位は西武との競合で左腕の田嶋大樹(21=JR東日本)の指名に成功、2位の右腕・鈴木康平(23=日立製作所)と揃って来季1年目から先発ローテに入ってくるでしょう。

 田嶋は今のプロにあまりいないタイプの投手。肩甲骨回りの可動域が広く、腕が遅れて出てくるのが特徴です。右打者の胸元にクロスファイアで入ってくるストレートは、分かっていても簡単には打てないはず。石川(ヤクルト)の体を大きくした感じでしょうか。カーブを投げる時に腕が緩みがちになるなど課題はありますが、今年の都市対抗では3試合連続で先発、2試合で完封勝利を挙げるなど、大舞台で結果を残した経験はプロで生きるはずです。

 2位の鈴木は186センチ、88キロの恵まれた体を持ち、ハマった時は手も足も出ない投球をする。広島の薮田のように化ける可能性もあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る