昨季までの貧打がウソのよう G小林“打率最低男”の汚名返上

公開日: 更新日:

 巨人打線がまた爆発した。30日、11―1でヤクルトを下して6年ぶりの8連勝である。チーム打率はついに.291まで上昇。もちろんセ・リーグのダントツで、連勝中の総得点は「69」と昨年までの貧打がウソのような猛打が続いている。

 この日の4安打で打率を.369とし、リーグ首位打者に躍り出た1番の坂本を筆頭に3割打者が名を連ねるが、出色なのはやはり、「恐怖の8番打者」小林誠司(28)だろう。

 昨年まで2年連続12球団最低打率だった貧打の象徴が、この日は4打数2安打4打点。打率.357は堂々のリーグ3位である。守っても、集中力が途切れがちな大差の展開で先発の野上を7回1失点と好リード。いよいよ「春の珍事」と侮れなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  7. 7

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

  8. 8

    邪な思惑があるとしか思えない菅首相の東京五輪への固執

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

もっと見る