昨季までの貧打がウソのよう G小林“打率最低男”の汚名返上

公開日: 更新日:

 巨人打線がまた爆発した。30日、11―1でヤクルトを下して6年ぶりの8連勝である。チーム打率はついに.291まで上昇。もちろんセ・リーグのダントツで、連勝中の総得点は「69」と昨年までの貧打がウソのような猛打が続いている。

 この日の4安打で打率を.369とし、リーグ首位打者に躍り出た1番の坂本を筆頭に3割打者が名を連ねるが、出色なのはやはり、「恐怖の8番打者」小林誠司(28)だろう。

 昨年まで2年連続12球団最低打率だった貧打の象徴が、この日は4打数2安打4打点。打率.357は堂々のリーグ3位である。守っても、集中力が途切れがちな大差の展開で先発の野上を7回1失点と好リード。いよいよ「春の珍事」と侮れなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    日テレvsテレ朝「視聴率3冠」争い “美人女医対決”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る