2戦KO後は好調 巨人菅野の復活に斎藤コーチの「鶴の一声」

公開日:

 開幕から立て続けに5失点し、2連敗スタートを切った巨人の菅野智之(28)。しかし、その後は完封勝利を含む3連勝。先発した4日のDeNA戦も8回を117球、2安打無失点と好投したが、味方の援護がなく、勝ち星はつかなかった。それでも18イニング連続無失点で、6.43でスタートした防御率をリーグ3位の2.30(4日現在)まで下げてきた。

 何事もなかったように好投を続ける菅野。あの2試合の乱調は何だったのか。斎藤雅樹投手総合コーチ(53)に聞いてみた。

「何だったんだろうね。まず考えられるのは疲れ。肩、肘はもちろん、下半身が疲れていると粘りがなくなって、思ったように球が投げられない時がある。まだ(シーズンは)始まったばかりではあるんだけど、菅野の場合、春先のWBCからフル回転した昨年の疲れが今年になって表面化している可能性もある。普通なら菅野クラスには何も言わないんだけど……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る