2戦KO後は好調 巨人菅野の復活に斎藤コーチの「鶴の一声」

公開日: 更新日:

 開幕から立て続けに5失点し、2連敗スタートを切った巨人の菅野智之(28)。しかし、その後は完封勝利を含む3連勝。先発した4日のDeNA戦も8回を117球、2安打無失点と好投したが、味方の援護がなく、勝ち星はつかなかった。それでも18イニング連続無失点で、6.43でスタートした防御率をリーグ3位の2.30(4日現在)まで下げてきた。

 何事もなかったように好投を続ける菅野。あの2試合の乱調は何だったのか。斎藤雅樹投手総合コーチ(53)に聞いてみた。

「何だったんだろうね。まず考えられるのは疲れ。肩、肘はもちろん、下半身が疲れていると粘りがなくなって、思ったように球が投げられない時がある。まだ(シーズンは)始まったばかりではあるんだけど、菅野の場合、春先のWBCからフル回転した昨年の疲れが今年になって表面化している可能性もある。普通なら菅野クラスには何も言わないんだけど……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  6. 6

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  7. 7

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る