2戦KO後は好調 巨人菅野の復活に斎藤コーチの「鶴の一声」

公開日: 更新日:

 開幕から立て続けに5失点し、2連敗スタートを切った巨人菅野智之(28)。しかし、その後は完封勝利を含む3連勝。先発した4日のDeNA戦も8回を117球、2安打無失点と好投したが、味方の援護がなく、勝ち星はつかなかった。それでも18イニング連続無失点で、6.43でスタートした防御率をリーグ3位の2.30(4日現在)まで下げてきた。

 何事もなかったように好投を続ける菅野。あの2試合の乱調は何だったのか。斎藤雅樹投手総合コーチ(53)に聞いてみた。

「何だったんだろうね。まず考えられるのは疲れ。肩、肘はもちろん、下半身が疲れていると粘りがなくなって、思ったように球が投げられない時がある。まだ(シーズンは)始まったばかりではあるんだけど、菅野の場合、春先のWBCからフル回転した昨年の疲れが今年になって表面化している可能性もある。普通なら菅野クラスには何も言わないんだけど……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る