教え子が揃って月間MVP 富士大野球部監督の強化指導法とは

公開日:

 9日、教え子2人が揃って月間MVPに輝いた。西武の山川穂高内野手(26)と多和田真三郎投手(25)だ。山川は昨年8月から年をまたいで3カ月連続の受賞。彼らを含めた5人のOBがプロの主力として活躍していることで、いよいよ富士大の知名度は上昇。最近はこれまで少なかった県内からの入部希望者も増えた。新興地方大学の秘密に迫る。

 ――猛練習を課している?

「いや、夕食の時間が決まっているので、今はA班は17時半~20時。あとは自主練です。うちは授業が優先。5限目があると、(練習を)始められるのが17時半になる。大学は単位を取らないといけない。文武両道で、まず単位を取って、そのほかの時間で練習するイメージです。休みの日は別にして、授業がある日の8時35分~17時25分は一切、練習していません」

 ――練習より授業優先、食事優先?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る