教え子が揃って月間MVP 富士大野球部監督の強化指導法とは

公開日: 更新日:

 ――生活指導もする。

「200人の中で30歳まで野球で食べていける選手が1人いるかいないか。例えば、30歳すぎに社会人野球を引退したら、そこから30年近く会社に勤めることになる。雑用、挨拶、身だしなみ……、そのときにイチからやるのではなく、大学の4年間を準備期間にする。寝癖のままグラウンドに来る選手もいるけど、『寝癖のまま会社に行ったらそこをまず評価されちゃうんだよ』と」

 ――監督は事務職員。普段の仕事は。

「去年新設された『スポーツ振興アカデミー』に属しています。OBに来てもらって野球教室をやったり。大型免許を持っているので、午前中、生徒の乗るスクールバスを運転することもありますね。大会結果によってボーナス? 一切ないです。僕は正職員ですが、監督に関しては1年更新なのかなと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る