田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

西野監督は長谷部をリベロで起用する3DFを試してほしい

公開日:

 4月は少し体調を崩したり、ハリルさんが電撃解任されたり、後任に日本代表の後輩である西野朗氏が就いたり、知り合いが職場から救急車で運ばれたり……。何ともせわしない日々が続いた。

 しかし、サッカーの一大イベントであるロシアW杯は待ったなし! どんなにドタバタジタバタしようが、6月14日に開幕して日本代表は19日に初戦のコロンビア戦を迎える。西野監督は、どんな戦術で戦うつもりなのか? 非常に興味深いところだが、ひとつだけ“GK目線”で提案したいことがある。それは「4DFをベースにしながら、MF長谷部をリベロで起用する3DFを試してほしい」である。

■攻撃の起点にも

 彼の主戦場はボランチだが、34歳という年齢に加えて持病である両ヒザ痛も癒えていないのだろう。17年のW杯最終予選後半戦から、パフォーマンスが低下している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る