• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

西野監督は長谷部をリベロで起用する3DFを試してほしい

 4月は少し体調を崩したり、ハリルさんが電撃解任されたり、後任に日本代表の後輩である西野朗氏が就いたり、知り合いが職場から救急車で運ばれたり……。何ともせわしない日々が続いた。

 しかし、サッカーの一大イベントであるロシアW杯は待ったなし! どんなにドタバタジタバタしようが、6月14日に開幕して日本代表は19日に初戦のコロンビア戦を迎える。西野監督は、どんな戦術で戦うつもりなのか? 非常に興味深いところだが、ひとつだけ“GK目線”で提案したいことがある。それは「4DFをベースにしながら、MF長谷部をリベロで起用する3DFを試してほしい」である。

■攻撃の起点にも

 彼の主戦場はボランチだが、34歳という年齢に加えて持病である両ヒザ痛も癒えていないのだろう。17年のW杯最終予選後半戦から、パフォーマンスが低下している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る