運気下り坂 ハリル・チルドレン3人衆が代表に及ぼす悪影響

公開日: 更新日:

 電撃解任されたハリルホジッチ前監督には、代表常連組の中でも大のお気に入りの「ハリル・チルドレン」がいた。

 その選手たちが今、所属クラブで苦境に立たされている。まずは仏1部メスに所属しているGK川島永嗣(35)である。6日のホーム戦を1―2で落とし、今季2試合を残して3年ぶりの2部降格が決定してしまった。この試合でメスのシュートは8本。相手チームは17本。今季リーグの大半の試合で劣勢を強いられ、シュートを山ほど打たれながらも好セーブを連発。孤軍奮闘してきた川島だったが、それでも2部降格を回避することはできなかった。

 英プレミア・サウサンプトンでプレーするCB吉田麻也(29)は、5日のエバートン戦で大チョンボをやらかした。後半40分に2度目の警告を受けて退場。チームは終了間際の失点で1―1のドロー決着。CBがひとり減ったことで守り切れず、勝ち点3を失った格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る