2戦連続「2番・DH」も…大谷はサイ・ヤング賞右腕に3三振

公開日: 更新日:

 3人目の大物食いはならなかった。エンゼルス・大谷翔平(23)が16日(日本時間17日)のアストロズ戦に「2番・DH」で2戦連続スタメン出場。4打数無安打3三振だった。

 大谷は相手先発で11年に24勝(5敗)してサイ・ヤング賞を獲得したバーランダー(35)に対し、手も足も出ない。内外角を巧みに投げ分けるベテラン右腕に翻弄され、四回の第2打席で変化球を二ゴロにするのがやっと。相手の術中にはまり、大谷のバットは空を切る。九回の第4打席は154キロの外寄りの直球に振り遅れて、バーランダーに通算2500奪三振を献上した。

 ここまでインディアンス・クルーバー、ヤンキース・セベリーノとメジャーを代表する好投手から一発を放ってきたが、バーランダー攻略には失敗した。

 バーランダーの最大の武器は打者の手元でホップして見えるストレートで、平均2619というスピンレート(1分間に換算した回転数)はメジャーでもトップクラスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る