2戦連続「2番・DH」も…大谷はサイ・ヤング賞右腕に3三振

公開日:

 3人目の大物食いはならなかった。エンゼルス・大谷翔平(23)が16日(日本時間17日)のアストロズ戦に「2番・DH」で2戦連続スタメン出場。4打数無安打3三振だった。

 大谷は相手先発で11年に24勝(5敗)してサイ・ヤング賞を獲得したバーランダー(35)に対し、手も足も出ない。内外角を巧みに投げ分けるベテラン右腕に翻弄され、四回の第2打席で変化球を二ゴロにするのがやっと。相手の術中にはまり、大谷のバットは空を切る。九回の第4打席は154キロの外寄りの直球に振り遅れて、バーランダーに通算2500奪三振を献上した。

 ここまでインディアンス・クルーバー、ヤンキース・セベリーノとメジャーを代表する好投手から一発を放ってきたが、バーランダー攻略には失敗した。

 バーランダーの最大の武器は打者の手元でホップして見えるストレートで、平均2619というスピンレート(1分間に換算した回転数)はメジャーでもトップクラスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る