• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本参戦4年目で初V ペ・ヒギョンが早く勝ちたかった事情

【中京テレビ・ブリヂストンレディス】

「いつかは優勝できるだろうと思っていた。(勝てない焦りは)なかった」

 日本ツアー参戦4年目のペ・ヒギョン(25・韓国)が、最終日に7バーディー、ノーボギーの65で回り初優勝した。

 ペは2014年のファイナルQTで9位に入り、15年から出場資格を獲得。3年連続で賞金シードを獲得している。だが、プロテストは受験していないため単年度登録選手になる。この勝利で晴れて日本女子プロゴルフ協会会員への入会申請ができ、理事会で承認されれば入会が認められるのだ。

 ペには早く勝ちたい事情があった。

 協会が外国人締め出しともいえる新制度を導入するからだ。来年からQTは日本のプロテストに合格したプロに限られ、ペがシードを失ったらQT挑戦の資格がなくなる。その“鎖国政策”に会員資格のない外国人プロが一刻も早くツアーで勝ちたいと必死なのだ。これから単年登録の韓国人が死に物狂いで戦ってくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る