日本参戦4年目で初V ペ・ヒギョンが早く勝ちたかった事情

公開日:  更新日:

【中京テレビ・ブリヂストンレディス】

「いつかは優勝できるだろうと思っていた。(勝てない焦りは)なかった」

 日本ツアー参戦4年目のペ・ヒギョン(25・韓国)が、最終日に7バーディー、ノーボギーの65で回り初優勝した。

 ペは2014年のファイナルQTで9位に入り、15年から出場資格を獲得。3年連続で賞金シードを獲得している。だが、プロテストは受験していないため単年度登録選手になる。この勝利で晴れて日本女子プロゴルフ協会会員への入会申請ができ、理事会で承認されれば入会が認められるのだ。

 ペには早く勝ちたい事情があった。

 協会が外国人締め出しともいえる新制度を導入するからだ。来年からQTは日本のプロテストに合格したプロに限られ、ペがシードを失ったらQT挑戦の資格がなくなる。その“鎖国政策”に会員資格のない外国人プロが一刻も早くツアーで勝ちたいと必死なのだ。これから単年登録の韓国人が死に物狂いで戦ってくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る