日本参戦4年目で初V ペ・ヒギョンが早く勝ちたかった事情

公開日: 更新日:

【中京テレビ・ブリヂストンレディス】

「いつかは優勝できるだろうと思っていた。(勝てない焦りは)なかった」

 日本ツアー参戦4年目のペ・ヒギョン(25・韓国)が、最終日に7バーディー、ノーボギーの65で回り初優勝した。

 ペは2014年のファイナルQTで9位に入り、15年から出場資格を獲得。3年連続で賞金シードを獲得している。だが、プロテストは受験していないため単年度登録選手になる。この勝利で晴れて日本女子プロゴルフ協会会員への入会申請ができ、理事会で承認されれば入会が認められるのだ。

 ペには早く勝ちたい事情があった。

 協会が外国人締め出しともいえる新制度を導入するからだ。来年からQTは日本のプロテストに合格したプロに限られ、ペがシードを失ったらQT挑戦の資格がなくなる。その“鎖国政策”に会員資格のない外国人プロが一刻も早くツアーで勝ちたいと必死なのだ。これから単年登録の韓国人が死に物狂いで戦ってくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る