• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“特別練習”でビーチ代表発掘 ラモス瑠偉監督の奮闘に密着

 2016年末に脳梗塞を発症。死の淵から復活し、ビーチサッカー日本代表監督に就任して3カ月が経過した。5月12、13日。ラモス瑠偉監督(61)は兵庫県明石市のビーチに立っていた。

「W杯まで時間が少ない」「アジアを勝ち抜くのは簡単じゃない」

 そう話していたラモス監督。FIFA(国際サッカー連盟)ビーチサッカーW杯のアジア予選は、来年3月に行われることが決まっている。

「本気で代表を目指しているなら誰にでもチャンスがある。あちこち見に行こうと思う」と就任会見で語っていたラモス監督が「ビーチサッカー明石フェスタ」に姿を現した。

■視察後に練習することを要望

 ここには、全国大会常連の選手たちが集まってきていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る