中村俊輔も2度のW杯で…香川真司に「背番号10の呪い」再び

公開日:

 2月の独ブンデスリーガの試合中に左足首を痛め、ロシアW杯出場が不安視されている独ドルトムントMF香川真司(29)。

 長らくリハビリ生活を続け、今月12日のリーグ最終戦の後半30分、3カ月ぶりの公式戦出場を果たした。

 14日に帰国した香川は「皆さんが思っている以上にケガは問題ない」と強調したものの、14日の「予備登録選手35人のリストをFIFAに提出するタイムリミット」を見据え、帳尻合わせ的に途中出場した――といった話も伝わってくる。

「4月半ば過ぎにチーム練習に合流した香川ですが、欧州視察中だった西野新監督がドルトムントを訪れた今月2日、香川は実際にプレーする姿を見せることができなかった。現時点で万全とは言い難く、本大会までにベストコンディションを取り戻せるかどうか、微妙と言うしかありません」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る