中村俊輔も2度のW杯で…香川真司に「背番号10の呪い」再び

公開日: 更新日:

 2月の独ブンデスリーガの試合中に左足首を痛め、ロシアW杯出場が不安視されている独ドルトムントMF香川真司(29)。

 長らくリハビリ生活を続け、今月12日のリーグ最終戦の後半30分、3カ月ぶりの公式戦出場を果たした。

 14日に帰国した香川は「皆さんが思っている以上にケガは問題ない」と強調したものの、14日の「予備登録選手35人のリストをFIFAに提出するタイムリミット」を見据え、帳尻合わせ的に途中出場した――といった話も伝わってくる。

「4月半ば過ぎにチーム練習に合流した香川ですが、欧州視察中だった西野新監督がドルトムントを訪れた今月2日、香川は実際にプレーする姿を見せることができなかった。現時点で万全とは言い難く、本大会までにベストコンディションを取り戻せるかどうか、微妙と言うしかありません」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る