右ヒジ筋肉断裂からもう復帰…遠藤「強行再出場」の是非

公開日:

「狂気の沙汰としか思えない」

 角界からはこんな声も上がっている。

 22日から再出場の遠藤(27)は、18日の5月場所6日目、御嶽海戦で「右上腕二頭筋遠位部断裂」の重傷を負った。「3週間の加療を要する」と診断され、7日目から休場していたが、まさかの復帰となった。もちろん、ケガは治っていない。それどころか、「(筋肉が)完全に断裂している」(追手風親方)という。にもかかわらず、手術すらしないというのだ。

 遠藤には同様の過去がある。2015年の3月場所で、「左ヒザの前十字靱帯部分断裂および外側半月板損傷」で全治2カ月という力士生命にも関わる大ケガを負った。しかし、当時もメスは入れず、患部周囲の筋肉を鍛えることで故障をカバーする方法を選んだ。

 追手風親方は「これ以上は悪くならないから」と話している。残り全休で番付を大きく落とすなら、出て1つでも2つでも勝つ可能性にかけたのだろう。ある親方は「それは悪手」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る