右ヒジ筋肉断裂からもう復帰…遠藤「強行再出場」の是非

公開日: 更新日:

「狂気の沙汰としか思えない」

 角界からはこんな声も上がっている。

 22日から再出場の遠藤(27)は、18日の5月場所6日目、御嶽海戦で「右上腕二頭筋遠位部断裂」の重傷を負った。「3週間の加療を要する」と診断され、7日目から休場していたが、まさかの復帰となった。もちろん、ケガは治っていない。それどころか、「(筋肉が)完全に断裂している」(追手風親方)という。にもかかわらず、手術すらしないというのだ。

 遠藤には同様の過去がある。2015年の3月場所で、「左ヒザの前十字靱帯部分断裂および外側半月板損傷」で全治2カ月という力士生命にも関わる大ケガを負った。しかし、当時もメスは入れず、患部周囲の筋肉を鍛えることで故障をカバーする方法を選んだ。

 追手風親方は「これ以上は悪くならないから」と話している。残り全休で番付を大きく落とすなら、出て1つでも2つでも勝つ可能性にかけたのだろう。ある親方は「それは悪手」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る