役職退任は否定 日大アメフト内田監督に“院政支配”の懸念

公開日: 更新日:

 これで幕引き、とはいきそうにない。

 試合中の悪質なタックルで相手選手を負傷させた問題で、日大アメフト部の内田正人監督(62)がついに辞任を表明したが、むしろ批判と不満の声が高まっている。

 内田監督と日大関係者は19日に、被害を受けた関学大の選手と保護者、首脳陣に直接謝罪。その後、初めて報道陣の取材に応じたものの、前代未聞の悪質プレーが誰の指示によるものなのか、問題の核心については最後まで言及を避けた。“監督の指示があった”とする部員らの証言、それに基づく報道などを「いろいろな臆測」とし、「心外だ」と不快感をあらわにする始末だ。

 まるで自分が、拡大する騒動の被害者とも言いたげで、取材中には相手の「関西学院(かんせいがくいん)」を何度も「かんさいがくいん」と発音。余りに希薄な当事者意識で怒りとひんしゅくを買った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る