競泳古賀がドーピング陽性 選手が身を守る手立てはあるか

公開日:

 23日、2016年リオ五輪競泳自由形のリレーメンバーにも選ばれた古賀淳也(30)のドーピング違反が発覚した。今年3月の抜き打ち検査で、検体から陽性反応。古賀は国際水泳連盟から暫定資格停止処分を受け、代表に選出されていた夏のアジア大会に出場できなくなった。

 意図的な摂取を否定した古賀はサプリメントに原因があるのではと述べつつ、「米国でトレーニングをしていたこともあって、購入にあたってはUSADA(米国反ドーピング機関)のサイトや成分表を見て確認していた」と、悔しさをにじませた。

 それほどまでに注意を払いながらも、起こってしまった事件。昨年はカヌーでライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させた選手もいた。

 となれば、選手は検査を行ったもの以外は絶対に口にしないよう、日常生活から徹底するしかドーピングを防ぐ手立てはない。江戸時代のお殿様には何人もの毒見役がおり、冷めたものしか食べられなかったというが、スポーツ選手もそれしか身の安全を守る手立てはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る