勤続疲労で満身創痍…FW岡崎慎司は“W杯戦力外”に現実味

公開日: 更新日:

「15年6月に英プレミアリーグのレスターに移籍し、激しいフィジカルコンタクトに対抗するためにかなりの筋量アップと筋トレに励み、それが下半身への負担となって左ヒザと左足首に爆弾を抱えるようになった。そもそも“勤続”疲労で満身創痍状態。グループリーグ初戦のコロンビア戦(19日)の前日までに状態が上向かなければ、岡崎は“戦力外”に降格する危険性をはらんでいる」(マスコミ関係者)

 岡崎は日本代表「111試合・50得点」という突出した数字を残しているが、17年3月のタイ戦からゴールに見放されている。2日目の練習終了後、右ひざに巻いていたテーピングについて「前に(ケガを)やったことがあるので。予防? そうですね」と答え、続けて左足首について「痛みはボチボチ良くなってきています。全力で上げていくって感じ。本番までに100%に持っていける自信はある」と穏やかな表情でコメントした。

 ナーバスな雰囲気は感じさせなかったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る