元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

南ア大会の再現期待も 西野監督と岡田氏に2つの決定的違い

公開日: 更新日:

■驚くべき危機感のなさ

 その一因は指揮官のマネジメントにある。8年前の岡田監督は、本大会の2戦前のイングランド戦からMF阿部勇樹(浦和)を守備専任に置いた超守備的な布陣を採用した。

「自陣に引いて徹底的に守る」という戦いに舵を切り、結果的に功を奏したのである。

 だが、西野監督は1カ月しかない準備期間に3バックと4バックの併用を打ち出し、多彩な戦い方を求めている。

 本番前の最後のテストマッチとなるパラグアイ戦(日本時間12日午後10時5分キックオフ)も、西野監督はスイス戦後に「いろんな可能性を求めて」と話し、控え主体で挑むという信じがたいコメントを発した。

 メディア陣から「チームや戦い方を固定した方がいいのでは?」と聞かれた長谷部は「それは監督が決めることなんで」と言葉を濁したが、8年前を知る選手が「1つの方向に絞って進むべき」という考えを抱いても不思議はないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る