八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

決勝T初戦でいきなり独と再戦も ブラジル「W杯因縁」物語

公開日:

 ロシアW杯は、20日から1次リーグの2戦目が始まりました。 

 1戦目では、14年大会の覇者ドイツが黒星スタート。メッシ擁するアルゼンチンがアイスランドと引き分けたり、波乱含みのカードが多かったと思います。2戦目以降も目が離せません。

 今大会は「因縁」「リベンジ」というキーワードを強く感じています。

 まずは4年前、ドイツに1―7で惨敗したブラジルです。フジタ(現湘南)や日産(現横浜M)でプレー経験のあるブラジル人のマリーニョさんから「この4年はホント長かった」と聞かされました。さらに「あの屈辱を晴らすには同じ土俵で戦って勝つしかない。W杯でドイツと戦って同じスコアで叩きのめすしかない」と言うのです。

 1次リーグE組のブラジル。F組のドイツともに1位で通過した場合、決勝まで対戦することはありません。どちらかが2位通過だった場合は、早くも決勝トーナメント1回戦で因縁の対決が実現します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る