セネガル戦へ日本の秘策 現地取材の六川亨氏は武藤に注目

公開日: 更新日:

 ロシアW杯1次リーグの大一番が近づいた。

 初戦でFIFAランク8位のポーランドを撃破したセネガル(27位)とのガチンコ勝負が、日本時間25日午前0時にキックオフされる。16位・コロンビアを下して意気上がる61位・西野ジャパンとはいえ、セネガルについては、西野監督も選手も「強さは本物」の認識で一致。真っ向勝負を仕掛けても勝ち目は薄い。

 まずはセネガルの選手たちの強靱なフィジカルが立ちはだかる。

 象徴的なのが、ゴール前にそびえたつCBの屈強コンビである。

 ナポリ所属のDFクリバリは身長195センチ、体重89キロの偉丈夫。しかも足元の技術も柔軟だ。インテル時代に間近で見てきたDF長友に言わせると「世界トップ3に入る実力者」。コンビを組むDFサネはハノーバーでプレー。196センチ、84キロの鋼のようなボディーで相手FWを蹴散らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る