• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

起死回生の技ありG アスパスはスペインの“ジョーカー”に

 無敵艦隊スペインを1次リーグ敗退の危機から救ったのは、昨季リーガ・エスパニョーラでスペイン人最多得点を記録した点取り屋アスパス(30=セルタ)だった。

 試合は予想通り、スペインが自慢のパスサッカーで攻めモロッコが堅く守る展開も、前半14分にミスからモロッコに先制されてしまう。スペインは5分後にMFイスコ(26=Rマドリード)のゴールで同点に追いつくが、その後は攻めあぐね、逆に後半36分、モロッコにセットプレーから勝ち越されて窮地に立たされた。

 ところが、後半アディショナルタイム1分。ショートコーナーからDFカルバハル(26=Rマドリード)がニアにクロス。ゴール前にいたアスパスが利き足の左足ではない“軸足ヒール”の技ありシュートで、左のサイドネットを揺らした。

 一度はオフサイドと判定されてゴールが認められなかったものの、VAR判定の結果、2―2の同点に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る