勝利も突然の乱調…阪神藤浪を蝕む“ネガティブ映像”の呪縛

公開日: 更新日:

 決して喜べない1勝だろう。

 27日のDeNA戦で、阪神の藤浪(24)が先発。初回、二回はヒット1本、四球1つと無難な立ち上がりを見せるも、三回に突如崩れた。1番神里から5番宮崎の3ランまで5者連続安打。この回だけで一挙5点を失い、終わってみれば5回5失点だったが、16点もの大量援護のおかげで今季2勝目の“ごっつぁん”だ。

 それにしても、藤浪の乱調癖は相変わらず。今季、好投したのは3試合に1回ペース。4月13日のヤクルト戦は7回1失点、去る15日の楽天戦は6回1/3無失点だった。しかも、イニングごとの投球内容、制球もバラバラなのだから手に負えない。

■抜けたボール1球だけでも

 評論家の三井浩二氏は「簡単に言ってしまえばイップスですが……」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る