飛距離コンプレックスの日本人のプロは海外で通用しない

公開日:

 ゴルフのオリンピックと言われる全米オープンに、今年は日本ツアーから秋吉翔太と星野陸也の2人が初出場した。しかし、会場のシネコックヒルズGCのタフな設定に翻弄され、星野は18オーバー、秋吉は19オーバーの大叩きで予選落ちした。

 一方、全米女子オープンでも、国内賞金レースを独走中の鈴木愛が6オーバーとぶざまな予選落ちだった。

 これまで池田勇太や宮里優作など、日本を代表するトップ選手が何度も海外メジャーに挑戦しているが、まったく歯が立たない。そして敗戦の弁で必ず口にするのが、「飛距離で太刀打ちできない。もっとパワーをつける必要がある」だった。

 もしこれが事実だったら、体格で劣りボールが飛ばない日本人選手は永久に海外メジャーに勝つことはできないということになる。

■「もっとパワーが必要」は体にいい言い訳

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る