宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

飛距離コンプレックスの日本人のプロは海外で通用しない

公開日: 更新日:

 ゴルフのオリンピックと言われる全米オープンに、今年は日本ツアーから秋吉翔太と星野陸也の2人が初出場した。しかし、会場のシネコックヒルズGCのタフな設定に翻弄され、星野は18オーバー、秋吉は19オーバーの大叩きで予選落ちした。

 一方、全米女子オープンでも、国内賞金レースを独走中の鈴木愛が6オーバーとぶざまな予選落ちだった。

 これまで池田勇太宮里優作など、日本を代表するトップ選手が何度も海外メジャーに挑戦しているが、まったく歯が立たない。そして敗戦の弁で必ず口にするのが、「飛距離で太刀打ちできない。もっとパワーをつける必要がある」だった。

 もしこれが事実だったら、体格で劣りボールが飛ばない日本人選手は永久に海外メジャーに勝つことはできないということになる。

■「もっとパワーが必要」は体にいい言い訳

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る