• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田に代わりチーム牽引 日本1次リーグMVPは長友で決まり

 日本はポーランド戦を0―1で落としたが、今大会から導入された警告・退場のフェアプレーポイントでセネガルを上回り、2大会ぶりのベスト16に進出した。

 1次リーグの3試合で一番の存在感を示したのが、DF長友佑都(31=ガラタサライ)だ。

 大会が始まる前のベースキャンプ地のカザンでのこと。主力のMF香川真司は「自分が起用されるのか?」、不安にさいなまれて自信を喪失しているように感じた。MF本田圭佑は自身のパフォーマンスを上げることに手いっぱい。2人とも他の選手を気遣う余裕はない。ムードメーカーのFW岡崎慎司は、右ヒザのケガで最終メンバーに残れるか、微妙な状態だった。

 そこでリーダーシップを発揮したのが長友だ。

 冒頭15分公開の練習では、ランニングしながらチームメートに積極的に話しかけ、練習後のミックスゾーンではサッカー協会の広報がストップをかけるまで記者の質問に丁寧に受け答えした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る