本田に代わりチーム牽引 日本1次リーグMVPは長友で決まり

公開日:

 日本はポーランド戦を0―1で落としたが、今大会から導入された警告・退場のフェアプレーポイントでセネガルを上回り、2大会ぶりのベスト16に進出した。

 1次リーグの3試合で一番の存在感を示したのが、DF長友佑都(31=ガラタサライ)だ。

 大会が始まる前のベースキャンプ地のカザンでのこと。主力のMF香川真司は「自分が起用されるのか?」、不安にさいなまれて自信を喪失しているように感じた。MF本田圭佑は自身のパフォーマンスを上げることに手いっぱい。2人とも他の選手を気遣う余裕はない。ムードメーカーのFW岡崎慎司は、右ヒザのケガで最終メンバーに残れるか、微妙な状態だった。

 そこでリーダーシップを発揮したのが長友だ。

 冒頭15分公開の練習では、ランニングしながらチームメートに積極的に話しかけ、練習後のミックスゾーンではサッカー協会の広報がストップをかけるまで記者の質問に丁寧に受け答えした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る