塩谷育代
著者のコラム一覧
塩谷育代プロゴルファー

1962年、愛知県名古屋市出身。高校卒業後にゴルフ練習場に入り、松井利樹プロの指導で82年にプロテスト合格。89年のヤクルトミルミルレディースで初優勝。92年、95年と2度賞金女王に輝く。ツアー通算20勝。93年オフに結婚。ママさんプレーヤーとしても活躍し、産休後にツアー復帰して優勝も飾った。2児の母親であり、レギュラー引退後はテレビ解説で活躍。若手プロやジュニア育成にも力を入れている。

勢い止まらぬ畑岡奈紗 球質重くなりアイアン精度トップ級

公開日:  更新日:

米1勝、日3勝

 ウォルマートNWアーカンソー選手権の初優勝だけでもすごい快挙なのに、その翌週のメジャー全米女子プロ選手権では9打差23位発進の最終日に猛チャージを見せてプレーオフに残り2位。

 今、米ツアーで戦う畑岡奈紗(19)の勢いが止まりません。樋口久子さん以来、実に41年ぶりとなる日本人選手のメジャー優勝にあと一歩まで近づく大健闘に、ゴルフ界も大いに盛り上がっています。

 畑岡のゴルフ技術は確実に進歩しているとはいえ、米女子ツアーは選手層が厚くレベルも高い。それだけでなくコース設定も日本ツアーとは違います。

 参戦2年目ではまだ環境にも慣れず、日本女子オープン連覇の実績があっても簡単に勝てるほど甘いツアーではない、というのが大方の予想だったはずです。

 そんな周囲の評価をあっさり乗り越えて、畑岡はいかんなく実力を発揮しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る