• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
塩谷育代
著者のコラム一覧
塩谷育代プロゴルファー

1962年、愛知県名古屋市出身。高校卒業後にゴルフ練習場に入り、松井利樹プロの指導で82年にプロテスト合格。89年のヤクルトミルミルレディースで初優勝。92年、95年と2度賞金女王に輝く。ツアー通算20勝。93年オフに結婚。ママさんプレーヤーとしても活躍し、産休後にツアー復帰して優勝も飾った。2児の母親であり、レギュラー引退後はテレビ解説で活躍。若手プロやジュニア育成にも力を入れている。

勢い止まらぬ畑岡奈紗 球質重くなりアイアン精度トップ級

米1勝、日3勝

 ウォルマートNWアーカンソー選手権の初優勝だけでもすごい快挙なのに、その翌週のメジャー全米女子プロ選手権では9打差23位発進の最終日に猛チャージを見せてプレーオフに残り2位。

 今、米ツアーで戦う畑岡奈紗(19)の勢いが止まりません。樋口久子さん以来、実に41年ぶりとなる日本人選手のメジャー優勝にあと一歩まで近づく大健闘に、ゴルフ界も大いに盛り上がっています。

 畑岡のゴルフ技術は確実に進歩しているとはいえ、米女子ツアーは選手層が厚くレベルも高い。それだけでなくコース設定も日本ツアーとは違います。

 参戦2年目ではまだ環境にも慣れず、日本女子オープン連覇の実績があっても簡単に勝てるほど甘いツアーではない、というのが大方の予想だったはずです。

 そんな周囲の評価をあっさり乗り越えて、畑岡はいかんなく実力を発揮しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る