• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田崎健太
著者のコラム一覧
田崎健太ノンフィクション作家

1968年3月13日生まれ。京都市出身。ノンフィクション作家。早大法学部卒業後、小学館に入社。週刊ポスト編集部などを経て99年に退社。早大講師として「実践スポーツジャーナリズム演習」を担当。主著に「真説・長州力」「球童 伊良部秀輝伝」「ザ・キングファーザー 納谷宣雄」「偶然完全 勝新太郎伝」「W杯に群がる男たち」「ジーコジャパン 11のブラジル流方程式」などがある。

ブラジルの敗因は“セレソンの個性”が消えたからだ

 優勝候補ブラジルがベルギーに1対2で敗れ、準々決勝で姿を消した。

 サッカーとは偶然性のスポーツである。完璧なシュートが、たまたまディフェンダーの脚に当たり外れる。あるいはキーパーの手に当たることもあれば、蹴り損ねたボールがゴールに吸い込まれる。また味方の体に当たって失点してしまうことは多々ある。

 ブラジルの1点目の失点はベルギーのコーナーキックからのオウンゴール。これはサッカーにつきものの不運であった。

 2点目は、ブラジル側のコーナーキックからのカウンター攻撃である。

 こぼれ球をルカクが持ち込み、デブルイネにパス、素晴らしいミドルシュートを決めた。ルカクがセンターラインをドリブルで越えた瞬間、マークについていたフェルナンジーニョがファウルで止めるべきだった。ベルギーの選手は、同じような場面でネイマールに体をぶつけて、ファウルをもらいながらブラジルの攻撃を断ち切っている。ブラジルはイエローカードの累積で中盤の柱、カゼミロが出場停止。代役・フェルナンジーニョの判断ミスだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る