• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田崎健太
著者のコラム一覧
田崎健太ノンフィクション作家

1968年3月13日生まれ。京都市出身。ノンフィクション作家。早大法学部卒業後、小学館に入社。週刊ポスト編集部などを経て99年に退社。早大講師として「実践スポーツジャーナリズム演習」を担当。主著に「真説・長州力」「球童 伊良部秀輝伝」「ザ・キングファーザー 納谷宣雄」「偶然完全 勝新太郎伝」「W杯に群がる男たち」「ジーコジャパン 11のブラジル流方程式」などがある。

ブラジルの敗因は“セレソンの個性”が消えたからだ

 優勝候補ブラジルがベルギーに1対2で敗れ、準々決勝で姿を消した。

 サッカーとは偶然性のスポーツである。完璧なシュートが、たまたまディフェンダーの脚に当たり外れる。あるいはキーパーの手に当たることもあれば、蹴り損ねたボールがゴールに吸い込まれる。また味方の体に当たって失点してしまうことは多々ある。

 ブラジルの1点目の失点はベルギーのコーナーキックからのオウンゴール。これはサッカーにつきものの不運であった。

 2点目は、ブラジル側のコーナーキックからのカウンター攻撃である。

 こぼれ球をルカクが持ち込み、デブルイネにパス、素晴らしいミドルシュートを決めた。ルカクがセンターラインをドリブルで越えた瞬間、マークについていたフェルナンジーニョがファウルで止めるべきだった。ベルギーの選手は、同じような場面でネイマールに体をぶつけて、ファウルをもらいながらブラジルの攻撃を断ち切っている。ブラジルはイエローカードの累積で中盤の柱、カゼミロが出場停止。代役・フェルナンジーニョの判断ミスだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る