小金井CCは人材確保のため10月18日を「キャディーの日」に

公開日: 更新日:

小金井カントリー倶楽部(東京)

 10月18日が「キャディーの日」に決まった。小金井カントリー倶楽部が日本記念日協会に申請して、このほど公認されたものだ。

 ゴルフ界では、第1回日本オープンが行われた5月28日の「ゴルフ記念日」に次ぐ、2つ目の記念日となった。

 小金井CCはメジャー11勝を挙げた伝説の名手ウォルター・へーゲンの設計で1937(昭和12)年に開場。戦前からの歴史を持つ名門コースとして知られ、かつて会員権が史上最高値の3億7000万円を付けたこともある。

 ゴルフ場が記念日を申請した背景には何があったのか。

 同CCには「接客・サービス部門第1位」の自負と「歩きのゴルフ」へのこだわりがある。春山淳支配人がこう解説する。

「ゴルフ雑誌が行ったゴルフ場ランキングの『接客サービス部門』で、第1位をいただいたんです。接客サービスは受付、レストランにも担当がおりますが、最も長い時間、お客さまと接しているのはキャディーです。日頃から素晴らしいサービスを提供してくれているキャディーの皆さまに、尊敬と感謝の念を伝える意味で、記念日を申請したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る