筋トレで覚醒 苦節10年の琴恵光は宮崎の星になれるのか

公開日: 更新日:

佐渡ケ嶽部屋 前頭14枚目

「ここ1、2年で随分とガタイが良くなった。これまでのパワー不足がウソみたいだ」

 佐渡ケ嶽部屋のタニマチ筋が舌を巻く。

 琴恵光充憲(26)は中卒で入門し、苦節10年以上。今場所、ようやく新入幕を果たした。宮崎県出身としては、戦後3人目、1974年の金城以来となる新入幕だ。

 しこ名の「恵」の字は、元十両の祖父・松恵山から取ったもの。松恵山は引退後、故郷の延岡に帰って、ちゃんこ屋を経営する傍ら、地元で相撲道場も開いていた。孫である琴恵光は小学生時代、祖父から相撲の手ほどきを受けていた。

「でも、本人は相撲より柔道に熱心。中学卒業後は特待生として、地元のスポーツ強豪校、延岡学園に進学する予定だったそうです。それが中学時代、佐渡ケ嶽部屋の九州場所宿舎を見学した際、気持ちがグラリと揺れた。その後も毎場所、部屋から番付表が送られてきたこともあり、入門に至ったというわけです」(前出のタニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る