筋トレで覚醒 苦節10年の琴恵光は宮崎の星になれるのか

公開日:

佐渡ケ嶽部屋 前頭14枚目

「ここ1、2年で随分とガタイが良くなった。これまでのパワー不足がウソみたいだ」

 佐渡ケ嶽部屋のタニマチ筋が舌を巻く。

 琴恵光充憲(26)は中卒で入門し、苦節10年以上。今場所、ようやく新入幕を果たした。宮崎県出身としては、戦後3人目、1974年の金城以来となる新入幕だ。

 しこ名の「恵」の字は、元十両の祖父・松恵山から取ったもの。松恵山は引退後、故郷の延岡に帰って、ちゃんこ屋を経営する傍ら、地元で相撲道場も開いていた。孫である琴恵光は小学生時代、祖父から相撲の手ほどきを受けていた。

「でも、本人は相撲より柔道に熱心。中学卒業後は特待生として、地元のスポーツ強豪校、延岡学園に進学する予定だったそうです。それが中学時代、佐渡ケ嶽部屋の九州場所宿舎を見学した際、気持ちがグラリと揺れた。その後も毎場所、部屋から番付表が送られてきたこともあり、入門に至ったというわけです」(前出のタニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る