顔も相撲もそっくり 佐田の海は父の四股名を継いだ2世力士

公開日:

境川部屋 前頭12枚目

 オールドファンにしてみれば、懐かしい四股名だろう。佐田の海(31)といえば、千代の富士全盛期の80年代に活躍した力士。速攻を得意とし、玄人から好まれていた。

 その長男が、この2代目佐田の海だ。

 幼少期から力士になる夢を抱き、中学卒業と同時に境川部屋に入門。父は出羽海部屋だったが、なぜ境川部屋を選んだのか。

「境川親方(元小結両国)は父の弟弟子。息子は出羽海部屋に入門するものと思っていたが、父から『男を磨くなら境川部屋だ』とアドバイスされた。境川親方は一本気で男気がある。現役時代、兄弟子から『相撲取りがカネを貯め込むなんてみっともない真似をするなよ』と言われ、宵越しのカネは持たない、を地でいっていた。後輩の面倒見も良かった。日大出身だが、同校出身の力士を取らないことでも知られている。日大相撲部総監督である田中理事長と仲たがいし、『おまえのところにはウチの力士は入れない』と言われた時も、『はい、結構です』と毅然としていた」(タニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る