右肘回復は順調も 日ハム清宮はV争いの“起爆剤”になれるか

公開日:

 右肘の炎症でリハビリを続けていた日本ハムの清宮幸太郎(19)が、11日の楽天二軍戦で約1カ月ぶりに実戦復帰、いきなり二塁打を放った。12日の同戦は2打数無安打だった。

 今月4日にフリー打撃を再開したばかりとあって、2戦ともDHで2打席限定の出場だったが、これに目を細めているのが栗山監督だという。

 去る6日、二軍戦を視察した指揮官は清宮に対し、「この時期にゆっくりしているとシーズンが終わってしまう。(調整の)スピードを上げてほしい」と要望。首位西武とは5ゲーム差で、ラッキーボーイの存在は優勝争いの起爆剤になる。栗山監督は清宮をそのひとりとして期待しているようなのだ。

 だが、二軍では本塁打を量産しているとはいえ、今の清宮は「プロ野球選手としての基本」を習得している段階。野球学校出身ではなく、高校時代からビシビシ鍛えられていたわけではない。土台づくりの時間になるはずだったキャンプは、自主トレ中に右手親指を痛めたことで中途半端に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る