• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肘回復は順調も 日ハム清宮はV争いの“起爆剤”になれるか

 右肘の炎症でリハビリを続けていた日本ハムの清宮幸太郎(19)が、11日の楽天二軍戦で約1カ月ぶりに実戦復帰、いきなり二塁打を放った。12日の同戦は2打数無安打だった。

 今月4日にフリー打撃を再開したばかりとあって、2戦ともDHで2打席限定の出場だったが、これに目を細めているのが栗山監督だという。

 去る6日、二軍戦を視察した指揮官は清宮に対し、「この時期にゆっくりしているとシーズンが終わってしまう。(調整の)スピードを上げてほしい」と要望。首位西武とは5ゲーム差で、ラッキーボーイの存在は優勝争いの起爆剤になる。栗山監督は清宮をそのひとりとして期待しているようなのだ。

 だが、二軍では本塁打を量産しているとはいえ、今の清宮は「プロ野球選手としての基本」を習得している段階。野球学校出身ではなく、高校時代からビシビシ鍛えられていたわけではない。土台づくりの時間になるはずだったキャンプは、自主トレ中に右手親指を痛めたことで中途半端に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る