2014年組また台頭 日ハム浅間が先制弾で指揮官ニンマリ

公開日: 更新日:

 これまで多くの有望新人を獲得、育成してきた日本ハムが、中でも「当たり年だった」と認識しているのが2014年のドラフトだという。さるOBに言わせると「1位候補に位置付けた選手が4人も獲得できたと、現場もフロントも大喜びだった」そうだ。

 1位の有原は先発の柱として活躍、2位の清水は正捕手に育った。ケガで離脱中とはいえ4位の石川直はストッパーに定着。そして3位で獲得したのが、15日のロッテ戦で先制2ランを放った浅間大基(22)だ。三回2死二塁から、酒居の甘く入ったフォークを完璧にとらえ右翼スタンド中段に放り込んだ。

 横浜高出身。昨年まで持病の腰痛に苦しんだものの、手術して完治。7月末に昇格すると、ここまで21打数7安打の打率.333。目下、3試合連続安打中と調子を上げてきた。「出遅れているので、何かを残そうという強い気持ち」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る