2014年組また台頭 日ハム浅間が先制弾で指揮官ニンマリ

公開日: 更新日:

 これまで多くの有望新人を獲得、育成してきた日本ハムが、中でも「当たり年だった」と認識しているのが2014年のドラフトだという。さるOBに言わせると「1位候補に位置付けた選手が4人も獲得できたと、現場もフロントも大喜びだった」そうだ。

 1位の有原は先発の柱として活躍、2位の清水は正捕手に育った。ケガで離脱中とはいえ4位の石川直はストッパーに定着。そして3位で獲得したのが、15日のロッテ戦で先制2ランを放った浅間大基(22)だ。三回2死二塁から、酒居の甘く入ったフォークを完璧にとらえ右翼スタンド中段に放り込んだ。

 横浜高出身。昨年まで持病の腰痛に苦しんだものの、手術して完治。7月末に昇格すると、ここまで21打数7安打の打率.333。目下、3試合連続安打中と調子を上げてきた。「出遅れているので、何かを残そうという強い気持ち」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る