• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

■吉田(金足農)「横浜から14奪三振」の値段

 17日に横浜(南神奈川)から14奪三振でベスト8入りした金足農(秋田)の右腕・吉田輝星。ここまで3試合で計41奪三振。この日の九回には150キロをマークし、敗れた横浜の主将・斉藤が「低めのストレートの伸びは自分の予想を超えていた」とうなだれたほどだ。

 とはいえ、すでに今秋のドラフト1位指名は確実視されている。横浜の強力打線を抑えたからといってプロ側の評価が変わるはずはないと思ったら、実はそうでもないらしい。

「高卒ドラフト1位指名選手の契約金は8000万円が相場です。けれども、甲子園に来て3試合連続、しかも強打の横浜から2ケタ三振を奪ってスタミナもあることを証明したし、甲子園大会後のU―18でも活躍するようなら、評価をさらに上げる球団も出てくる。その結果、ドラフトの1位指名が重複すれば、契約金は上限の1億円に上げざるを得ないでしょう」(在京球団のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る