カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

公開日:

■吉田(金足農)「横浜から14奪三振」の値段

 17日に横浜(南神奈川)から14奪三振でベスト8入りした金足農(秋田)の右腕・吉田輝星。ここまで3試合で計41奪三振。この日の九回には150キロをマークし、敗れた横浜の主将・斉藤が「低めのストレートの伸びは自分の予想を超えていた」とうなだれたほどだ。

 とはいえ、すでに今秋のドラフト1位指名は確実視されている。横浜の強力打線を抑えたからといってプロ側の評価が変わるはずはないと思ったら、実はそうでもないらしい。

「高卒ドラフト1位指名選手の契約金は8000万円が相場です。けれども、甲子園に来て3試合連続、しかも強打の横浜から2ケタ三振を奪ってスタミナもあることを証明したし、甲子園大会後のU―18でも活躍するようなら、評価をさらに上げる球団も出てくる。その結果、ドラフトの1位指名が重複すれば、契約金は上限の1億円に上げざるを得ないでしょう」(在京球団のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る