カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

公開日: 更新日:

■誰かさんみたいにならなければいいが…

 興南(沖縄)の我喜屋監督は理事長兼校長という「三足のわらじ」。近江(滋賀)の多賀監督は副校長。出場校の中には学内で管理職を兼ねている監督も珍しくない。2人が学校を私物化したという話は聞かないが、そうでない人もいるという。

「甲子園で優勝経験もある学校の監督なんですが……」と、高野連関係者がこう言った。

「大卒で教員であるにもかかわらず、大学院に通って修士課程を取得したのです。今回は久々の甲子園出場だし、監督としての引き出しを増やすためかと思ったら、目的はそれだけじゃない。私学の学校経営を学びたいというのです。つまり学内で出世して、ゆくゆくは教頭、校長の座に就きたいと考えている。偉くなって、野球部にこれまで以上に人とカネをつぎ込みたい。甲子園でさらに結果を残すことで、自分の権力を固めようという魂胆です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る