ジョセフHCの教え子断言 7人制ラグビーは酷暑が日本に味方

公開日:

 2020年東京五輪で、日本の酷暑が有利に働くとみられているのが、7人制ラグビーだ。15人制と同じ大きさのグラウンドを使用しながら、人数が少ない分、選手個々の運動量が勝敗を左右する。体格や技術はともかく、スタミナには定評がある日本向きの競技とされているのだ。

 同種目は7月27日~8月1日にかけて実施されるが、20日に都内で行われたトップリーグ18―19シーズン開幕会見に臨んだ海外出身のヘッドコーチ(HC)、選手たちはみな、「日本の暑さは異常。東京五輪は、もっと涼しい時期に開催をずらすべきだった」と口を揃えていた。

 来日3年目で豊田自動織機の共同主将を務めるFLスコット・フグリストーラー(31、ニュージーランド=NZ)に聞くと、「3年でようやく(日本の夏の暑さに)慣れた」と言った。スーパーラグビー・ハイランダーズなどでジェイミー・ジョセフ現日本代表HCの教え子でもあるフグリストーラーが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る