ジョセフHCの教え子断言 7人制ラグビーは酷暑が日本に味方

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪で、日本の酷暑が有利に働くとみられているのが、7人制ラグビーだ。15人制と同じ大きさのグラウンドを使用しながら、人数が少ない分、選手個々の運動量が勝敗を左右する。体格や技術はともかく、スタミナには定評がある日本向きの競技とされているのだ。

 同種目は7月27日~8月1日にかけて実施されるが、20日に都内で行われたトップリーグ18―19シーズン開幕会見に臨んだ海外出身のヘッドコーチ(HC)、選手たちはみな、「日本の暑さは異常。東京五輪は、もっと涼しい時期に開催をずらすべきだった」と口を揃えていた。

 来日3年目で豊田自動織機の共同主将を務めるFLスコット・フグリストーラー(31、ニュージーランド=NZ)に聞くと、「3年でようやく(日本の夏の暑さに)慣れた」と言った。スーパーラグビー・ハイランダーズなどでジェイミー・ジョセフ現日本代表HCの教え子でもあるフグリストーラーが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る