強化合宿にも呼ばれず 五郎丸がすっかり鳴りを潜めたワケ

公開日:

 ラグビーの五郎丸歩(31)が今年7月、フランス1部のトゥーロンから1年半ぶりに古巣ヤマハ発動機復帰を果たした。だが、メンバー発表時に名前が読み上げられても、フィーバー時のような歓声はほとんど聞かれない。

「海外挑戦で2015年の流行語大賞候補にノミネートされた『五郎丸ポーズ』をやめてしまった。ヤマハの地元・磐田でタクシーに乗った時、『あれが見られないからつまらない』と運転手が漏らしていた」(ラグビー記者)

 16年9月に就任した日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(48)には、代表候補の強化合宿に一度も呼ばれていない。トップリーグ関係者がこう言う。

「ジョセフはキック戦術を重視していて、五郎丸は日本の第一人者。足が遅くて走れないのがネックみたい。代表のフルバックは、桐蔭学園高時代から注目されたジンバブエ人の父と日本人の母を持つ松島(サントリー)が候補。抜群の身体能力を武器に弾むように走る。ジョセフはこっちがお気に入りなんです」

 19年には日本でW杯が行われる。国民の認知度は50%弱。大会も五郎丸も窮地に陥っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る