はびこるアスリートの犯罪に拍車かける国と大メディアの罪

公開日:

 バカは元巨人の選手だけじゃない。

 同僚のユニホームや用具を盗んだとして、元巨人の外野手・柿沢貴裕容疑者(23)が8日に逮捕された。巨人はその前日、柿沢を解雇し、SNSで裸動画を拡散した篠原、河野には今季終了までの出場停止処分と罰金を科した。

 プロ野球以外でもアスリートによる不祥事は後を絶たない。スノーボード男子の五輪強化選手(当時未成年)は、2015年の米国遠征中に大麻を使用。16年には男子バドミントンの新旧エースが違法カジノで賭博をしていたことが発覚。昨年は、シニアのプロゴルファーがひき逃げで逮捕され、今年に入るとカヌーの男子選手がライバルの飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入させるという前代未聞の事件が世間を騒がせた。ここ2、3年だけでも、スポーツ選手の犯罪はてんこ盛りだ。

■自分は特別

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る