小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

ストライク率と三振数は…二刀流・大谷翔平のもう一つの顔

公開日: 更新日:

 プロがシーズンを通して成績を残すには力量、研究(練習)、適応の3要素が必要だ。エンゼルス大谷翔平が投手としての力量を早くも見せつけたのが先発2戦目のアスレチックス戦(4月8日)。

 打者を見下ろし、最速は160キロを超えていた。スプリット、ストレートで初回に3者連続の空振り三振を奪うと六回まで何とパーフェクト。12奪三振の快投を見せたかと思えば、5月30日タイガース戦の五回裏、内野ゴロに打ち取ったストレートが162.7キロ。これが前半戦メジャー先発の投じた約26万球の中で最速になった。

 しかし、6月6日のロイヤルズ戦では4回を投げて突如降板。右肘の故障が発覚(靱帯の損傷レベルは3段階のグレード2。部分断裂)。多血小板血漿(PRP)注入治療を経て7月20日、投球練習再開にこぎつけたものの、いまの立ち投げに近いフォームでは同じ過ちを繰り返すことになりかねない。肘に負担のかからない投球動作を研究し、メジャーの硬く勾配のきついマウンドへの適応が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る