小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

ストライク率と三振数は…二刀流・大谷翔平のもう一つの顔

公開日:

 プロがシーズンを通して成績を残すには力量、研究(練習)、適応の3要素が必要だ。エンゼルス大谷翔平が投手としての力量を早くも見せつけたのが先発2戦目のアスレチックス戦(4月8日)。

 打者を見下ろし、最速は160キロを超えていた。スプリット、ストレートで初回に3者連続の空振り三振を奪うと六回まで何とパーフェクト。12奪三振の快投を見せたかと思えば、5月30日タイガース戦の五回裏、内野ゴロに打ち取ったストレートが162.7キロ。これが前半戦メジャー先発の投じた約26万球の中で最速になった。

 しかし、6月6日のロイヤルズ戦では4回を投げて突如降板。右肘の故障が発覚(靱帯の損傷レベルは3段階のグレード2。部分断裂)。多血小板血漿(PRP)注入治療を経て7月20日、投球練習再開にこぎつけたものの、いまの立ち投げに近いフォームでは同じ過ちを繰り返すことになりかねない。肘に負担のかからない投球動作を研究し、メジャーの硬く勾配のきついマウンドへの適応が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る