女子マラソン野上が粘り銀も…東京五輪メダルには10分遅い

公開日: 更新日:

 例によってメディアがハシャいでいる。

 26日午前6時(日本時間午前8時)にスタートしたアジア大会(ジャカルタ)の女子マラソンで、日本の野上恵子(32)が2位と健闘。前日の男子マラソンでは、井上大仁(25)が日本男子32年ぶりの金メダルを獲得したとあって、「マラソンニッポン復活!」「2020年東京五輪に光」とスポーツ紙は書き立てた。

 タイムはそれぞれ、井上が2時間18分22秒、野上が2時間36分27秒。どちらも、高温多湿の悪条件ではあった。午前6時号砲の男子のレースはスタート時点で気温26度、湿度82%。井上がゴールテープを切ったときの気温は30度に達していた。

 ベテランの野上が「後半は暑かった」と振り返った女子のレースも、ゴールの時点で気温29度、湿度72%。東京五輪ではさらに過酷な条件が想定されており、日本陸上競技連盟と選手、その関係者が2年後に向けた貴重な経験を得たのは事実だが、それでもこれが東京五輪のメダルに直結するかのような見方は、いくらなんでも早計だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る