女子マラソン野上が粘り銀も…東京五輪メダルには10分遅い

公開日:

 例によってメディアがハシャいでいる。

 26日午前6時(日本時間午前8時)にスタートしたアジア大会(ジャカルタ)の女子マラソンで、日本の野上恵子(32)が2位と健闘。前日の男子マラソンでは、井上大仁(25)が日本男子32年ぶりの金メダルを獲得したとあって、「マラソンニッポン復活!」「2020年東京五輪に光」とスポーツ紙は書き立てた。

 タイムはそれぞれ、井上が2時間18分22秒、野上が2時間36分27秒。どちらも、高温多湿の悪条件ではあった。午前6時号砲の男子のレースはスタート時点で気温26度、湿度82%。井上がゴールテープを切ったときの気温は30度に達していた。

 ベテランの野上が「後半は暑かった」と振り返った女子のレースも、ゴールの時点で気温29度、湿度72%。東京五輪ではさらに過酷な条件が想定されており、日本陸上競技連盟と選手、その関係者が2年後に向けた貴重な経験を得たのは事実だが、それでもこれが東京五輪のメダルに直結するかのような見方は、いくらなんでも早計だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る