女子マラソン野上が粘り銀も…東京五輪メダルには10分遅い

公開日:

 例によってメディアがハシャいでいる。

 26日午前6時(日本時間午前8時)にスタートしたアジア大会(ジャカルタ)の女子マラソンで、日本の野上恵子(32)が2位と健闘。前日の男子マラソンでは、井上大仁(25)が日本男子32年ぶりの金メダルを獲得したとあって、「マラソンニッポン復活!」「2020年東京五輪に光」とスポーツ紙は書き立てた。

 タイムはそれぞれ、井上が2時間18分22秒、野上が2時間36分27秒。どちらも、高温多湿の悪条件ではあった。午前6時号砲の男子のレースはスタート時点で気温26度、湿度82%。井上がゴールテープを切ったときの気温は30度に達していた。

 ベテランの野上が「後半は暑かった」と振り返った女子のレースも、ゴールの時点で気温29度、湿度72%。東京五輪ではさらに過酷な条件が想定されており、日本陸上競技連盟と選手、その関係者が2年後に向けた貴重な経験を得たのは事実だが、それでもこれが東京五輪のメダルに直結するかのような見方は、いくらなんでも早計だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る