ボストン賞金でプロに 川内が証明“マラソン選手の稼ぎ方”

公開日: 更新日:

「こう言ったら本人は怒るだろうが、宝くじに当たったようなものだな」

 ある陸上関係者がこう言ったのはボストンマラソンで優勝した川内優輝(31)のことだ。

 今年の「ボストン」は、気温3度で強い雨と風。厳しい条件の中でアフリカ勢のペースが上がらず、暑さは苦手でも寒さにはめっぽう強い川内が先頭でゴール。世界中を「あっ!?」と言わせた。この優勝で15万ドル(約1600万円)もの賞金を手にし、来年4月からのプロ転向を宣言。悪天候サマサマではないか。

 ちなみにボストンの優勝賞金は、世界最高額のドバイマラソン(20万ドル=約2180万円)に次ぐもの。さらに川内は、世界の主要マラソン大会で構成される「ワールド・マラソン・メジャーズ」の17―18年シーズンの8大会の獲得ポイントによる総合成績が3位となり、2万5000ドル(約270万円)も獲得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  5. 5

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  6. 6

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る