• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボストン賞金でプロに 川内が証明“マラソン選手の稼ぎ方”

「こう言ったら本人は怒るだろうが、宝くじに当たったようなものだな」

 ある陸上関係者がこう言ったのはボストンマラソンで優勝した川内優輝(31)のことだ。

 今年の「ボストン」は、気温3度で強い雨と風。厳しい条件の中でアフリカ勢のペースが上がらず、暑さは苦手でも寒さにはめっぽう強い川内が先頭でゴール。世界中を「あっ!?」と言わせた。この優勝で15万ドル(約1600万円)もの賞金を手にし、来年4月からのプロ転向を宣言。悪天候サマサマではないか。

 ちなみにボストンの優勝賞金は、世界最高額のドバイマラソン(20万ドル=約2180万円)に次ぐもの。さらに川内は、世界の主要マラソン大会で構成される「ワールド・マラソン・メジャーズ」の17―18年シーズンの8大会の獲得ポイントによる総合成績が3位となり、2万5000ドル(約270万円)も獲得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る