炎天下の東京五輪マラソン 専門家が懸念する腎臓ダメージ

公開日:

 ペルシャ軍を破ったギリシャ軍の兵士がマラトンからアテネまで約40キロの道のりを走って、勝利を伝令した直後に亡くなった。これが最初のマラソンランナーといわれている。

 東京五輪の男女マラソンはスタート時間が午前7時30分から7時に繰り上がった。それでも命の危険が伴う酷暑の中で行うことが予想される。レース中、またはゴールした瞬間に倒れ込み、そのまま息を引き取る悲劇は避けなければならない。命は落とさなくても、専門家が心配しているのが、熱中症による腎臓へのダメージだ。

 寺田病院名誉院長の澤井廣量氏が言う。

「熱中症は、暑さが原因で起こる健康障害のことです。体内の水分や塩分が汗となって大量に排泄され、その補給ができないと脱水症になる。体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節の機能が働かなくなると、めまい、立ちくらみ、けいれん、頭痛、意識障害などの症状を起こします。軽度の症状でも甘く見てはいけません。涼しい場所へ移動させ、衣服をゆるめる。エアコンや扇風機で体の熱を逃がす。ナトリウムイオンなどの電解質を含んだスポーツドリンクや経口補水液などを少しずつ飲ませる。水分を口にできないようであれば、すぐに救急車を呼んでください。しかし、母国開催の東京五輪は、国民の期待の大きさが違います。日本選手は体に異常を感じても簡単に途中棄権はできないでしょう。それが内臓、特に腎臓に過度の負担をかけることになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る