• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

25歳の出水田が初V「1勝に安心」の落とし穴を評論家が指摘

【ライザップKBCオーガスタ】

 大会2日目からトップの出水田大二郎(25)が、通算14アンダーまでスコアを伸ばして逃げ切り、ツアー初優勝を遂げた。

「信じられない気持ちでいっぱい。ゆくゆくはメジャーに出られるように頑張りたい」(出水田)

 今季ツアー初優勝は重永亜斗夢、秋吉翔太(2勝)、市原弘大に続いて4人目だ。

 しかし1勝だけでツアーから消えていくプロも少なくない。

 重永も国内開幕戦に勝った後は5戦連続予選落ちだった。だから今季獲得賞金2975万円(ランク11位)も、ほとんどが優勝賞金(2600万円)だ。

「目標設定の問題でしょう」と評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「勝てば大金が手に入り、2020年までのシードとプロ生活が保証される。1つ勝っただけでほっと安心してしまえば、そこで終わってしまう。最近、ツアー94勝の尾崎将司と話す機会があり、“優勝の喜びは一瞬。すぐに次に勝つために何をすべきかを考え始める”と、プロはいつまでも喜びに浸っているようではダメだと言った。尾崎は50勝しても、60勝しても常に足りないものを探し、練習に励んだから勝ち続けた。1勝が通過点ではなく、終着点になってしまうプロは勝ち続けることはできないでしょう」

 出水田も最終日終盤にボギーが2つも出た。それを克服するにはどうすればいいのかという課題がハッキリしている。

 優勝祝いの胡蝶蘭が自宅に殺到したり、祝福電話やメールの対応に大わらわだろうが、すぐ2勝目に向けて始動しないとダメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る