スカウト高評価 木製バット対応“プロ並み”U18野手の名前

公開日:  更新日:

 当初は30分ほどで切り上げる練習の予定が、選手たちの要望で約2時間に延びた。

■中村奨成と比べてもはるかに上

 続々と宮崎入りしているプロ球団のスカウトの彼らに対する評価は日増しに上がっている。中でも高い評価をさらに上げているのが根尾(大阪桐蔭)、小園(報徳学園)、藤原の野手3人だ。

「大学のグラウンドで行われた練習試合や大学日本代表との壮行試合を見たけど、3人とも木製バットに見事に対応している。プロでも1年目から出てくる可能性があります」と、さる在京球団のスカウトがこう言った。

「金属バットならボールを強くたたくことで、遠くへ飛ばせる。力があればホームランだって打てる。が、木のバットだとそうはいかない。バットをしならせ、ヘッドを利かせた打ち方ができないと、飛距離は出ない。そのためにはグリップを体の近くで操作、バットを内側から最短距離で出す必要がある。昨年のU18でも活躍した藤原や小園はもちろん、根尾もそういった打ち方でボールをとらえている。3人の木製バットへの対応は、昨年の安田(現ロッテ)や中村奨成(現広島)と比べてもはるかに上です」

 プロ入り後、木製バットに対応するまでに時間がかかる高校生が多い中で、彼らはすでにその必要がないレベルに達しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る