スカウト高評価 木製バット対応“プロ並み”U18野手の名前

公開日:  更新日:

 当初は30分ほどで切り上げる練習の予定が、選手たちの要望で約2時間に延びた。

■中村奨成と比べてもはるかに上

 続々と宮崎入りしているプロ球団のスカウトの彼らに対する評価は日増しに上がっている。中でも高い評価をさらに上げているのが根尾(大阪桐蔭)、小園(報徳学園)、藤原の野手3人だ。

「大学のグラウンドで行われた練習試合や大学日本代表との壮行試合を見たけど、3人とも木製バットに見事に対応している。プロでも1年目から出てくる可能性があります」と、さる在京球団のスカウトがこう言った。

「金属バットならボールを強くたたくことで、遠くへ飛ばせる。力があればホームランだって打てる。が、木のバットだとそうはいかない。バットをしならせ、ヘッドを利かせた打ち方ができないと、飛距離は出ない。そのためにはグリップを体の近くで操作、バットを内側から最短距離で出す必要がある。昨年のU18でも活躍した藤原や小園はもちろん、根尾もそういった打ち方でボールをとらえている。3人の木製バットへの対応は、昨年の安田(現ロッテ)や中村奨成(現広島)と比べてもはるかに上です」

 プロ入り後、木製バットに対応するまでに時間がかかる高校生が多い中で、彼らはすでにその必要がないレベルに達しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る