小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

吉田輝星は881球 甲子園限定「球数制限」プランを考える

公開日: 更新日:

 春夏の甲子園で投げられる球数の合計を500球までとする。今大会の吉田なら、3回戦の横浜戦が終了した時点で475球。準々決勝の近江戦の序盤に500球に到達している。なお、優勝した大阪桐蔭の柿木は全6試合に登板し、先発3試合、リリーフ3試合で計512球。このあたりをリミットにする。大阪桐蔭のように優勝を狙うなら、2、3人の投手が必要。8強敗退で十分なら、1人でいけるところまでいくという考え方もある。

 98年夏の甲子園。横浜・松坂が投げた球数の総数は767球だった。準々決勝のPL学園との延長十七回の激闘が250球。もし球数制限があったら、横浜は春夏連覇できただろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  5. 5

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る