河本結は現役女子大生…ツアー環境の激変が若手プロ後押し

公開日: 更新日:

ゴルフ5レディス】

 大会初日は雷雲接近のため競技中断があり、42選手がホールアウトできずにサスペンデッドになった。ホールアウトした中では申ジエが8アンダーで暫定首位に立ち、2打差2位タイには今年7月のプロテストに合格したばかりの日体大2年生プロ、河本結(20)がつけた。6月のステップアップツアーでプロ初優勝を果たしており、この日は4連続を含む6バーディー、ノーボギーで回っている。

 2戦前のCATレディス優勝の大里桃子(20)も、前週ニトリレディスで優勝争いを演じた三ケ島かな(20)も今年のプロテスト合格組の黄金世代だ。若いプロがのびのびとプレーしているのがわかる。

「プロ1年目といってもジュニア時代から頭角を現している経験豊富な選手ばかり。それに昔と違って先輩プロによる陰湿なイジメがなくなったからツアー会場で萎縮していない」と、あるベテランプロがこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る