河本結は現役女子大生…ツアー環境の激変が若手プロ後押し

公開日:

【ゴルフ5レディス】

 大会初日は雷雲接近のため競技中断があり、42選手がホールアウトできずにサスペンデッドになった。ホールアウトした中では申ジエが8アンダーで暫定首位に立ち、2打差2位タイには今年7月のプロテストに合格したばかりの日体大2年生プロ、河本結(20)がつけた。6月のステップアップツアーでプロ初優勝を果たしており、この日は4連続を含む6バーディー、ノーボギーで回っている。

 2戦前のCATレディス優勝の大里桃子(20)も、前週ニトリレディスで優勝争いを演じた三ケ島かな(20)も今年のプロテスト合格組の黄金世代だ。若いプロがのびのびとプレーしているのがわかる。

「プロ1年目といってもジュニア時代から頭角を現している経験豊富な選手ばかり。それに昔と違って先輩プロによる陰湿なイジメがなくなったからツアー会場で萎縮していない」と、あるベテランプロがこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る