河本結は現役女子大生…ツアー環境の激変が若手プロ後押し

公開日:

【ゴルフ5レディス】

 大会初日は雷雲接近のため競技中断があり、42選手がホールアウトできずにサスペンデッドになった。ホールアウトした中では申ジエが8アンダーで暫定首位に立ち、2打差2位タイには今年7月のプロテストに合格したばかりの日体大2年生プロ、河本結(20)がつけた。6月のステップアップツアーでプロ初優勝を果たしており、この日は4連続を含む6バーディー、ノーボギーで回っている。

 2戦前のCATレディス優勝の大里桃子(20)も、前週ニトリレディスで優勝争いを演じた三ケ島かな(20)も今年のプロテスト合格組の黄金世代だ。若いプロがのびのびとプレーしているのがわかる。

「プロ1年目といってもジュニア時代から頭角を現している経験豊富な選手ばかり。それに昔と違って先輩プロによる陰湿なイジメがなくなったからツアー会場で萎縮していない」と、あるベテランプロがこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る