山根明氏の後任 連盟新会長は宮崎に19軒の“キャバクラ王”

公開日:

 ちなみに内田会長は、今年4月に新宿御苑で行われた安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」に招待されている。

 再興する会のメンバーが中心になって構成された連盟の新理事26人も、内田会長の逮捕歴については了承済み。その上で連盟は、日本オリンピック委員会の橋本聖子副会長、西村康稔内閣官房副長官に最高顧問就任を打診しているという。

「選手ファーストで透明性のある団体をつくっていきたい。公益法人化を目指して頑張ります」

 山根体制で問題になった不正や隠蔽、「奈良判定」などの疑惑を念頭にこう所信表明した内田会長。連盟関係者は、「過去の問題をあげつらう怪文書も出回りましたが、実業家としてしっかりとした基盤を持っている。少なくとも連盟の私物化や、私利私欲で動くようなことはないはずだし、その必要がない。リーダーシップがある」と期待を寄せる。いずれにしろ、スポーツ団体のトップとしては異例の経歴を持つ新会長に、地に落ちたアマチュアボクシング界のかじ取りが託された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る