• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根明氏の後任 連盟新会長は宮崎に19軒の“キャバクラ王”

 ちなみに内田会長は、今年4月に新宿御苑で行われた安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」に招待されている。

 再興する会のメンバーが中心になって構成された連盟の新理事26人も、内田会長の逮捕歴については了承済み。その上で連盟は、日本オリンピック委員会の橋本聖子副会長、西村康稔内閣官房副長官に最高顧問就任を打診しているという。

「選手ファーストで透明性のある団体をつくっていきたい。公益法人化を目指して頑張ります」

 山根体制で問題になった不正や隠蔽、「奈良判定」などの疑惑を念頭にこう所信表明した内田会長。連盟関係者は、「過去の問題をあげつらう怪文書も出回りましたが、実業家としてしっかりとした基盤を持っている。少なくとも連盟の私物化や、私利私欲で動くようなことはないはずだし、その必要がない。リーダーシップがある」と期待を寄せる。いずれにしろ、スポーツ団体のトップとしては異例の経歴を持つ新会長に、地に落ちたアマチュアボクシング界のかじ取りが託された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る