山根明氏の後任 連盟新会長は宮崎に19軒の“キャバクラ王”

公開日:

 ちなみに内田会長は、今年4月に新宿御苑で行われた安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」に招待されている。

 再興する会のメンバーが中心になって構成された連盟の新理事26人も、内田会長の逮捕歴については了承済み。その上で連盟は、日本オリンピック委員会の橋本聖子副会長、西村康稔内閣官房副長官に最高顧問就任を打診しているという。

「選手ファーストで透明性のある団体をつくっていきたい。公益法人化を目指して頑張ります」

 山根体制で問題になった不正や隠蔽、「奈良判定」などの疑惑を念頭にこう所信表明した内田会長。連盟関係者は、「過去の問題をあげつらう怪文書も出回りましたが、実業家としてしっかりとした基盤を持っている。少なくとも連盟の私物化や、私利私欲で動くようなことはないはずだし、その必要がない。リーダーシップがある」と期待を寄せる。いずれにしろ、スポーツ団体のトップとしては異例の経歴を持つ新会長に、地に落ちたアマチュアボクシング界のかじ取りが託された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る