二軍V4へM3も一軍は振るわず…巨人の“構造問題”をOBが指摘

公開日:

 確かに高田は一軍で1試合に登板しただけ(1敗)。二軍で打ちまくる和田にしても、今季一軍デビューを果たし、プロ初安打を放ったものの、8打数1安打、わずか5試合で二軍落ちとなった。松原は7月に育成から支配下選手契約を結んだが、いまだ一軍からお呼びはかかっていない。

 一軍は借金3の3位に沈む。読売新聞グループ本社代表取締役の渡辺主筆は「由伸は名監督。ただ(戦力が)足りない。もっと強化しないと。圧倒的に勝つようにね」と今オフの大補強を示唆しているから、来季も若手のチャンスは限られる。

「大竹が二軍で投げまくっているのも補強の負の遺産。二軍にも先発の枠があるので、本来、一軍にいるべき選手が長居するのは迷惑な話です。問題なのは一軍と二軍が連動していないこと。特に5年目の和田は、二軍で三冠王級の活躍をしているのに、一軍ではたったの8打席。これでは気の毒だ。今季の外野陣を見ても、ゲレーロが離脱したり、今は長野が二軍。誰一人レギュラーと呼べる外野手はいないのに、先日昇格したのはゲレーロだった。結局、高いカネを払っている補強組が優先なんです。二軍で状態がいい選手がいれば、一軍に昇格させて即使うような態勢がない。二軍は勝つためではなく、一軍で活躍する選手を育成する場。二軍はV4なのに、一軍は4年連続V逸目前。一軍が勝てないのは補強に頼る構造に問題があるのは明らかです」(前出の高橋氏)

 巨人の若手はモチベーションを保つのが大変である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る